お兄系やギャル男が愛読

男性

カリスマ的な雑誌

メンズエッグは、1999年から大洋図書が発売していた男性ファッション雑誌メンズエッグから、いわゆるギャル男やお兄系、デリッカー、ACID ROCKなどの渋谷系ストリートファッションのことを指しています。このメンズエッグそのものはギャル誌のエッグから派生したもので、1990年代後半に勃興したギャル系と呼ばれるジャンルを紹介するものであり、現在においても人気があります。雑誌が社会に及ぼした言葉としてはイケメンや秋葉系などがあり、これらは現在では一般的になった言葉としても知られます。メンズエッグそのものは2013年に休刊となっていますが、現在でも男性の渋谷系ファッションストリートに大きく影響を残しています。メンズエッグの傾向としてはアメカジ色の強いファッションのことで、またメンズエッグ誌ではストリートスナップを中心としていたことからストリート色の強いルーズなファッションが中心です。雑誌は主に東京の渋谷を中心とした都市部の若者のファッションを紹介していたことから日本発のオシャレな若者を紹介するといったものになります。そもそもメンズエッグ誌のターゲットが10代後半から20代前半の若者であることも特徴ですし、これらのターゲット年齢層では経済的にも金銭的な余裕も少ないことから、ファッション系雑誌としては、高級路線ではなく若者でも手に入れることが比較的可能な手頃な価格のブランドが中心というのも特徴です。

Copyright© 2018 着こなしは無限大!レザージャケットの魅力【幅広い楽しみができる】 All Rights Reserved.